くらし情報『「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ』

2019年1月30日 19:01

「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ

「解散・休止・引退・結婚」…平成とともに“アイドル時代”も終焉へ

(C)まいじつ

国民的グループ『』の活動休止や、運営の体質が批判されている『NGT48』の暴行事件など、何かと暗い話題が続くアイドル界。こうした影響もあってか、“コンテンツとしてのアイドル”が終わりを迎えるのではとみられている。

女性アイドルを巡っては、昨年、『PASSPO☆』『チャオ ベッラ チンクエッティ』『ベイビーレイズJAPAN』『バニラビーンズ』など、メジャーデビューも果たしていた中堅グループが続々と解散。また、『ももいろクローバーZ』からは有安杏果が電撃的に脱退し、『HKT48指原莉乃も卒業を表明するなど、“時代の終わり”を感じさせる出来事が続いていた。

「2010年以降、当時大ブレーク中だった『AKB48』の“二匹目のドジョウ”を狙い、多数のアイドルグループが乱立。『アイドル戦国時代』という言葉が生まれ、各アイドルは文字通り天下を競いました。しかし、昨年には“戦国時代初期”を支えた『PASSPO☆』や『チャオベラ』などが次々と解散。同じく初期を支えた『SUPER☆GiRLS』もついに1期生がいなくなり、『アイドルブームは終息した』と言われました」(アイドル評論家)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.