くらし情報『傲慢・坂上忍が『バイキング』で“飲酒運転”に言及できない理由とは』

2019年2月4日 10:31

傲慢・坂上忍が『バイキング』で“飲酒運転”に言及できない理由とは

傲慢・坂上忍が『バイキング』で“飲酒運転”に言及できない理由とは

(C)まいじつ

毎日のようにテレビで見掛ける坂上忍のウサンくささが、どうにも止まらない。特に昼の情報番組『バイキング』では言いたい放題で、まさに王様気取りだ。

「自分より力が劣るお笑い芸人やタレントをパネラーに据え、高圧的な態度で言葉を誘導するのは日常茶飯事。反面、自分に都合の悪いことは絶対触れないんです」(テレビ雑誌編集者)

同番組にはヤンキー芸人の土田晃之や、すでに消えかかっている横澤夏子らが出演中。時事ニュースに対して「……だろ。ツッチー(土田)」「そう思うよな。横澤」といった振り方をする。

「ある意味、ワンマン会社の社長です。坂上が念押し的に問い掛け、それにパネラーが従属的に答えるだけ。坂上は『YESだよな!?』と聞いているようなもので、みな『はい、YESです』とうなずくのみ。誰も坂上に逆らったりしないんですから」(同・編集者)

■ 絶対飲酒運転には触れないMC

例えば、去る1月25日、乗用車であおり運転した後にバイクに追突し、男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた元警備員の裁判員裁判の判決公判が大阪地裁堺支部で開かれ、裁判長は懲役16年を言い渡した。

「坂上は『バイキング』でこの事件を取り上げ、殺人罪の適用は正しいのかどうか、懲役16年(求刑18年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.