くらし情報『マツコが『大坂なおみ』を利用して「日本を批判」と大炎上のワケ』

2019年2月2日 15:30

マツコが『大坂なおみ』を利用して「日本を批判」と大炎上のワケ

マツコ・デラックス

(C)まいじつ

「視聴者の気持ちを代弁している」と、その自由奔放な発言が大人気のマツコ・デラックスが、珍しく炎上を招いている。

問題の発言があったのは、月曜コメンテーターとしてレギュラー出演している『5時に夢中!』(TOKYO MX)でのこと。番組では同日の夕刊各紙から8つのニュースを紹介するコーナーがあり、1月28日の放送では、26日のテニス全豪オープンで優勝した大坂なおみ選手の話題を取り上げた。

番組は「大坂なおみに国民栄誉賞?」という『日刊ゲンダイ』の記事を紹介し、コメンテーターのマツコに意見を求めることに。すると、マツコは「国民栄誉賞ならいいけど、いろんな日本の協会とかが、こうなると囲いに入ってさ…」と、大坂選手の功績が利用されることを危惧するコメントをし始めた。

■ 「イメージで語っている」と物議

続けて「何が彼女がすごかったかって言ったら、勇気を持って家族でアメリカに移住して、日本的な教育みたいなものを受けずにやってきたからこその、今の成果なわけじゃない?」などと持論を展開。

その後も「だからそこで変に日本的なものを強要されたくないなってのがあって…」「やり方は今まで通り誰も介入せず、彼女のファミリーがやってきたやり方を誰も侵さずにやってほしいってのが切なる願い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.