くらし情報『「マジに危ない」電話による『グーグルマップ詐欺』に気をつけて!』

2019年2月10日 11:03

「マジに危ない」電話による『グーグルマップ詐欺』に気をつけて!

「マジに危ない」電話による『グーグルマップ詐欺』に気をつけて!

(C)Liderina / Shutterstock

『Googleマップ』を悪用した振り込め詐欺が横行しており、被害者が急増しているという。

通常、振り込め詐欺は、電話がかかってきたり通信文書を受け取ったりすることから始まり、相手に騙されて金銭の振り込みを要求される犯罪のことを指す。しかし、現在、アジア各地で横行している『リバースビッシング』と呼ばれる振り込め詐欺は、“被害者が犯罪者に電話をかける”ことが特徴だ。

自ら犯罪者に電話をかけてしまうというのは、どういうことなのだろうか?

「スマホ利用者であれば、Googleマップを使ったことのある人は多いでしょう。利用者がマップに記載された銀行など金融機関の電話番号に電話すると、なぜか犯人が応答して、被害者を騙してしまうのです。実はGoogleマップに記載されている情報は、簡単に“第三者が情報の修正を提案”する機能が存在していて、変更が可能なのです。提案が一定数以上ある場合や、信頼できるユーザーからの提案だった場合は、記載されている情報が改められます。犯人はこのような機能をうまく利用して詐欺を働いているのです」(IT系ジャーナリスト)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.