くらし情報『NHK伝説『ラルク』“ブチ切れ”事件の真相を爆笑・太田が明かす』

2019年2月12日 11:03

NHK伝説『ラルク』“ブチ切れ”事件の真相を爆笑・太田が明かす

NHK伝説『ラルク』“ブチ切れ”事件の真相を爆笑・太田が明かす


2月5日放送のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で、『爆笑問題太田光が“芸能界の都市伝説”の1つの真相を明かした。

それは、超人気バンド『L’Arc~en~Ciel』が、太田から“ビジュアル系”と呼ばれてブチ切れ、音楽番組『ポップジャム』(NHK)の収録を途中退席したというものだ。

太田は「あの話には誤解されてるところがいっぱいある」「実は、ラルクがキレたのは、俺にじゃないんだよ」と明かし始めた。

太田によると、当時の『ポップジャム』は、『LUNA SEA』『GLAY』そして『ラルク』の3組でもっているようなものだった。そのため、収録場所のNHKホールは、LUNA SEAが出る日はLUNA SEAのファンだけ、ラルクが出る日はラルクのファンだけで埋まってしまうそうだ。

そんな中、番組のMCを務めていた太田は、ラルクをゲストに迎えることに。そこで、ラルクメンバーの顔写真にさまざまな髪型を合成する企画を行ったのだが、ここで太田が写真を見ながら「新しいビジュアル系だね」とツッコんだ。

その後、楽曲を演奏するコーナーに進むと、何とリーダーのtetsuyaがドラムセットを蹴っ飛ばし、途中で退席してしまったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.