くらし情報『『SMAP』がテレビから消える日…放送規制で「記憶の中の存在」へ』

2019年2月12日 10:30

『SMAP』がテレビから消える日…放送規制で「記憶の中の存在」へ

SMAP

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

惜しまれながらの解散から早2年。数々の偉大な功績を残した国民的グループ『SMAP』が、徐々に“記憶の中の存在”になろうとしている。

1月31日、ABCテレビの情報番組『おはよう朝日です』は、今年竣工予定の新国立競技場において“こけら落とし公演”を行うアーティストの予想コーナーを放送。参考に、史上6組しかいない「国立公演アーティスト」をフリップにまとめたが、そこには史上初の国立ライブ公演者である「SMAP」の名前が記載されていなかった。

この一件はすぐに話題となり、“SMAP隠し”だとネット上で大ブーイング。すると放送翌日、同番組コメンテーターの井上公造は「SMAPが抜けているのはあまりにもヒド過ぎます」「あのフリップは番組側が作ったもので(中略)間違いに気が付きませんでした」など、自身のSNSアプリで番組サイドを批判した。

「国立経験者6組のうち、『SMAP』以外の5組は現在も活動を続けているアーティスト。企画の趣旨は“新国立のこけら落としは誰か”ですから、既に解散した『SMAP』は省かれてしまったのでしょう」(制作会社関係者)

だが、視聴者が敏感になるのも無理はない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.