くらし情報『不倫を肯定?『家売るオンナの逆襲』の主張に「吐きそうになった」』

2019年2月14日 11:01

不倫を肯定?『家売るオンナの逆襲』の主張に「吐きそうになった」

北川景子

(C)まいじつ

2月13日にドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の第6話が放送された。

毎回、現代の社会情勢に合わせたテーマを設定して主演の北川景子が物件を提案していく同ドラマだが、第6話では不倫を事実上肯定する展開。視聴者からは「不倫を許すのか」「この設定は不倫とは言えないからいいのでは」などと賛否両方の声が聞かれた。

第6話は八十多湊人(武田航平)、つぐみ(内山理名)夫婦に物件を提案するシーンで始まった。2人は夫婦であるものの、あくまでビジネスパートナー。お互いに別の恋人を持つことを認め「男女の関係」を持たない夫婦で、湊人は「まり」(筧美和子)という恋人を持っていた。三軒家(北川)は当初、夫婦で別々の寝室を提案する。

湊人の「不倫現場」を目撃していた不動産屋の支店スタッフ・庭野(工藤阿須加)は、2人の奇妙な関係に首をかしげるが、三軒家は「お前はいつから夫婦関係評論家になったのだ。家を売るのが不動産屋だ」と一喝。

■ 不動産屋が「W不倫」に仕立て上げる展開に

物語途中では、まりの夫・尾田順平橋爪淳)が妻の不倫に気づき支店内で激怒したことがきっかけで契約が暗唱に乗り上げたが、三軒家はライバル・留守堂(松田翔太

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.