くらし情報『『イッテQ!』を追い詰めた『ポツンと一軒家』の行く先に暗雲?』

2019年2月17日 11:01

『イッテQ!』を追い詰めた『ポツンと一軒家』の行く先に暗雲?

早くもピークは過ぎていると思いますよ」(テレビ誌ライター)

実際、見ているのは高齢者ばかりで、若年層は相変わらず『イッテQ!』にチャンネルを合わせているという。

また、同じ時間帯のNHK大河ドラマ『いだてん』が、大河史上最速で視聴率一桁を記録する惨状で、視聴者の“おこぼれ効果”もかなりあるようだ。

■ レギュラー化に問題があったのか

「近年は“限界集落”問題などもあり、ネタには困らないでしょうが、一般家庭を扱うだけに、必ずしも面白い話が出てくるとは限りません。もともと司会に所ジョージを起用していることからも、基本コンセプトが“ゆる~い番組”で、そんな部分が年寄りウケしているのでしょう。今後、ネタ不足になってきたら、“海外編”が放送されるのは間違いないでしょう」(同・ライター)

ドラマに比べて明らかに制作費も安くつき、その上、高視聴率となれば、今のところ大成功というわけだが、長い目で見れば“一発屋”で終わる可能性もかなり高い。

昨年は『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系)が大人気となったが、レギュラー放送化されてからはマンネリ化が指摘されており、当初の勢いはすっかりしぼんでしまった。視聴率がポツンと取り残されることないよう、早晩、大きなテコ入れが必要になる時期がやってきそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.