くらし情報『ネタバレ注意!『3年A組』菅田将暉の目的と真犯人とは…』

2019年3月7日 11:37

ネタバレ注意!『3年A組』菅田将暉の目的と真犯人とは…

菅田将暉

(C)まいじつ

3月3日にドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)第9話が放送された。この回によって、10日に放送が予定されている最終回の全貌が見えてきたという。

菅田将暉演じる主人公の美術教師・柊が、卒業間近の生徒を人質に取って学校に立てこもりながら、自殺した生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の「死の真相」を探らせるストーリー。

第9話で柊は教壇に立ち、景山の死の真相を語り始めた。しかし「景山を殺した本当の犯人は…」までしゃべったところで、放送は無音状態になり、視聴者には真相が隠されることに。一方でラストシーンでは、茅野(永野芽郁)が「殺したの。私が澪奈を殺したの」と突然告白している。

■ 大きなヒントとなった柊のセリフ

「柊は今回の騒動を起こした理由の1つとして、フェイク動画で景山を貶めた教師・武智(田辺誠一)に〝苦痛を追体験〟させて罪の重さを認識させることと語っています。武智は柊の策略によってフェイク動画で貶められると、ネット民からの誹謗中傷が現実でも聞こえるような幻聴に苦しむことになりました。これを〝苦痛の追体験〟とするのなら、景山も死ぬ直前に武智と同じ体験をしていたはずです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.