くらし情報『24時間営業は善か悪か…『セブン本部VS加盟店オーナー』仁義なき戦い』

2019年3月10日 11:03

24時間営業は善か悪か…『セブン本部VS加盟店オーナー』仁義なき戦い

24時間営業は善か悪か…『セブン本部VS加盟店オーナー』仁義なき戦い

(C)papa88 / PIXTA(ピクスタ)

人手不足や人件費上昇のあおりを受けるコンビニエンスストア業界。先ごろ、大阪府東大阪市のセブンイレブン(以下、セブン)のフランチャイズ(FC)加盟店オーナーが人手不足を理由に24時間営業から19時間(午前6時から翌朝午前1時まで)の時短営業に踏み切った。すると翌日にセブン本部から契約違反として、違約金1700万円とFC契約の解除を求められ、セブンとFCオーナーが対立する事態となった。

FCオーナーは「アルバイトを募集しても人が集まらず、オーナー自身が連日15時間労働を行っていた」と主張。過酷な労働環境が浮き彫りとなった。政府が働き方改革を推し進める一方で、コンビニオーナーのブラック労働が深刻化している。

「正直、人手が足りず24時間営業の歪みが出てきている。アルバイトの時給を上げて募集をかけても、日本人どころか外国人のアルバイトさえ来ない。このままでは生活していけませんよ」(大手コンビニのFCオーナー)

家族経営のコンビニ店舗では、家族をフル動員して乗り切っているところもある。

「アルバイトが急に辞めてしまい、やむなく子どもにレジ打ちを手伝ってもらいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.