くらし情報『『3年A組』“陰湿なネット民”=オタクという描写に批判が続出!』

2019年3月11日 19:01

『3年A組』“陰湿なネット民”=オタクという描写に批判が続出!

3年A組

(C)まいじつ

3月10日に菅田将暉主演ドラマ『3年A組』(日本テレビ系)が最終回を迎えた。SNSでの心無い誹謗中傷に警鐘を鳴らし、世間に訴えかける内容だったが、「このドラマも同じように誹謗中傷している」と物議を醸している。

主人公の美術教師・柊(菅田)が、卒業間近の生徒を人質に取って学校に立てこもりながら、自殺した生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の〝死の真相〟を探らせる同ドラマ。最終回で明かされた真相は、フェイク動画によって事実無根の罪でネット民から誹謗中傷された景山が、精神を病んで自殺したというもの。つまり、事件の犯人は〝ネット民〟だったのだ。

柊はネット民に対し生配信で、「お前たちが景山の命を奪ったんだ」「自分の親や友達に面と向かって言えない言葉を、見ず知らずの他人にぶつけんなよ。お前のストレスの発散で他人の心をえぐるなよ」なとど、必死に画面に向かって訴えた。

そしてドラマのラストシーンでは、ネットで誹謗中傷ばかりしていた若い男性が、心を改めた様子が描かれている。

■ オタクは性格悪くて陰湿! by『3年A組』

「その男性の特徴が、まさにステレオタイプの引きこもりオタク。カーテンを閉め切った暗い部屋でよれよれの服を着て、ニヤニヤしながらパソコンに向かいネットに誹謗中傷を書き込んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.