くらし情報『工藤静香ファンがっかり…夫の“忘れられない一品”に手料理挙がらず』

2019年3月14日 07:31

工藤静香ファンがっかり…夫の“忘れられない一品”に手料理挙がらず

工藤静香 木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉が、3月9日に放送されたバラエティー番組『人生最高レストラン』(TBS系)に出演。人生最高の一品として「根室で食べたシカのレバー丼」を挙げた。

木村が2011年にドラマ『南極大陸』(同系)のロケで北海道の根室に赴いた際、知人のハンターが仕留めたばかりの鹿を差し入れてくれたことがあったそうだ。ハンターはその場でナイフを使って捌き、生のレバーを削いでナイフの上に乗せ「これね、今しか食べられないから」と勧めてきたという。

木村は「えっ?と思ったけど、嗅いでも一切臭みもないんです。差し入れだし、今しか食えないものだろうと思っていただいたら、めっちゃくちゃ甘くて。その方が丼にするからって、(丼にしてくれたのを)食べたのがヤバかった」としみじみと振り返った。

その他に木村が挙げたのは、同じく根室のロケのさなかに食べた『辛みそラーメン』と『ビーフシチュー仕立てのミートソース』。特にこのミートソースは、今までの概念が変わるほどおいしかったそうで、「味を覚えて帰ろうと思って、後日、収録のあったビストロSMAPでパクりました」と、何とSMAPの名前を口にしたのだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.