くらし情報『有働由美子『news zero』半年たってやっと“低迷責任論”が浮上』

2019年3月16日 11:02

有働由美子『news zero』半年たってやっと“低迷責任論”が浮上

有働由美子

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

有働由美子がMCを務める日本テレビ『news zero』の苦戦が続いている。平均視聴率は5%前後。最近では「やはり有働の責任ではないか」という話も出る始末。

「昨年10月に始まったときにかろうじて10%に乗りましたが、後は数えるほど。本当に〝低迷〟です。例えば最近10%台に乗ったのは1月27日の『』解散発表の翌28日に、櫻井翔が月曜日キャスターを務めた日。解散の独占話で視聴率を取ったときくらいです」(テレビ雑誌編集者)

4月以降は各局の改編テコ入れで、夜ニュースは戦国時代だ。22時台はテレビ朝日『報道ステーション』(報ステ)が視聴率12%前後と独走。他局は、すべて23時台。有働の番組他、TBSNEWS23』、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』(WBS)があり、フジテレビは『プライムニュースα』改め『Live News α』が始まる。

「報ステに勝てないので各局22時台に進出せず、23時台で報ステに次ぐ二番手を争っています。WBSは、ネット局が弱いのと経済が中心という専門性で平均視聴率は3%前後の最下位ですが、大江麻理子アナの知性的な司会は固定ファンからの支持が厚いです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.