くらし情報『火星探査機からNASA宛てに送られてきた『文明の証拠』画像に驚き!』

2019年3月17日 11:02

火星探査機からNASA宛てに送られてきた『文明の証拠』画像に驚き!

火星で発見された不思議な物体が「失われた文明の否定できない証拠だ」と、UFOマニアの間で騒がれている。

火星は水も大気も確認できない、カラッカラの死の惑星といわれており、過去に文明どころか生命があった痕跡は全くない。ところが、先ごろ火星探査機『キュリオシティ』から送信されNASAが公開した画像の中に、明らかに岩や石とは思えない人工物らしきものが写っていた。三角形の薄い破片に丸い穴が開いており、仮面の一部のようにも見える。

火星探査機からNASA宛てに送られてきた『文明の証拠』画像に驚き!


火星探査機からNASA宛てに送られてきた『文明の証拠』画像に驚き!


ユーチューバーの『ホワッツアップインザスカイ37』が最初にこの物体を発見した。YouTubeチャンネル『セキュアーチーム10』のタイラー・グロックナー氏は「パッと見は奇妙な形の岩のように見えますが、画像を拡大すると、より人工的な物体に見えます。真ん中に大きな、完全に円形の穴があるのに気付くでしょう。何かの金属片のようにも見えます。鋭い三角形の形をしており、それは曲げられたように見えます」と説明する。

■ 火星には地球のような文明があった…?

懐疑論者はこの破片を、キュリオシティや過去の火星探査機の一部ではないかと指摘する。しかし、代々の火星探査機は火星の表面をタイヤで走行する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.