くらし情報『『脚本家・バカリズム』大コケ連発で“才能の限界”発覚!』

2019年3月18日 11:00

『脚本家・バカリズム』大コケ連発で“才能の限界”発覚!

バカリズム

(C)まいじつ

3月14日に最終回を迎えた竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)の視聴率が、関東地区ビデオリサーチ調べで6.0%だったことが分かった。

同ドラマの視聴率は、初回こそ9.3%と二桁間近だったものの、第2話で5.8%と一気に下落。その後も6~7%台と低い値で推移し、全話平均で6.8%と無残な結果に終わっている。

放送前の同ドラマは、豪華俳優陣もさることながら、その演出を売りにしていた。福山雅治、『Perfume』などのミュージックビデオを手掛ける関和亮氏が演出を担当し、芸人のバカリズムがキャラクター監修に就くことを強く押し出していたのだ。

バカリズムといえば、他人の粗をつつく芸風で各番組に出演する傍ら、近年は脚本家としても活動中。『世にも奇妙な物語』(フジテレビ系)、『黒い十人の女』(日本テレビ系)などを手掛け、直近では朝の情報番組『ZIP!』(同系)内で放送されたミニドラマ『生田家の朝』も担当している。

■ 結果が出ず“ゴリ押し”は終了へ

しかし、この「生田家」のネット上での評判は散々なもの。放送直後から「忙しい朝にミニドラマなんて見ない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.