くらし情報『『欅坂46』運営の異常性! 功労者への“超冷遇”にファン激怒』

2019年3月23日 10:56

『欅坂46』運営の異常性! 功労者への“超冷遇”にファン激怒

欅坂46

(C)まいじつ

3月19日、『乃木坂46』の1期生・衛藤美彩が両国国技館で卒業ソロコンサートを開催した。グループの発足時から支えてきた功労者にふさわしい華やかな舞台となったが、これにより『欅坂46』の〝異常性〟が浮き彫りとなってしまった。

2011年8月から実に7年半も『乃木坂』に捧げてきた衛藤。そのラストステージは衛藤の夢でもあったソロコンサートで、セットリストも自らが考えたという。

「こういった対応を見ると、運営側がいかに『乃木坂』メンバーのことを真摯に考えているかが分かります。ソロコンサートの場合、チケットがすべて売れたとしても、グッズの売り上げはグループコンサートに圧倒的に劣る。また、アリーナクラスのライブはセットを組む手間などを考えると、最低でも2days公演をしなければ収益的にかなり厳しい。それでも、衛藤の夢を運営が実現させてあげたわけですからね」(アイドルライター)

他にも『乃木坂』では卒業コンサートをメンバーの地元で行うなど、利益よりも〝心〟を優先する粋な計らいを見せている。

■ 「人の心を持った人間のすることじゃない」

一方で対照的なのは『欅坂』だ。この1年ちょっとの間で、『欅坂』からは志田愛佳今泉佑唯長濱ねるなど主力メンバーが続々と卒業を発表。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.