くらし情報『ベッキーが予想した『新元号』の理由が“ゲス過ぎる”と批判続出』

2019年3月24日 19:00

ベッキーが予想した『新元号』の理由が“ゲス過ぎる”と批判続出

ベッキー

(C)まいじつ

2016年1月の〝ゲス不倫〟騒動で一度は芸能界から姿を消したが、徐々にテレビ復帰を本格化させているタレントのベッキー。先月には読売ジャイアンツ片岡治大コーチとの結婚を発表するなど落ち着きを取り戻しつつあるが、〝不倫バッシング〟の恨みは今も消えていないようだ。

3月21日、ベッキーはこの日放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演。同番組は、「『平成』をにぎわせた芸能人が新元号を大胆予想!」との企画を放送し、ベッキーは自身の考案した漢字2文字とその意味を公開していった。

ベッキーがフリップに書いたのは、「広心」と書いて「こうしん」と読む元号案。その理由を聞かれると、「好きな文字を入れてみました」「広い心でいこう! みたいな」とカメラに向かって説明した。

■ “ゲス不倫”騒動を逆恨み?

さらに、ベッキーは「広心」という案ついて、「何か平和な感じ」と重ねて説明。「広い心」「平和な感じ」などと〝平穏さ〟を強調し、「私は昭和生まれですので、昭和と平成と新元号を生きられるんだっていう、そういう喜びはあると思います」とコメントして締めくくった。

何とも意味深だったベッキーの元号案だが、視聴者は皆、例の不倫騒動を連想したよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.