くらし情報『「同情票狙い?」河野景子が“円形脱毛症”を告白も疑問の声続出』

2019年4月1日 10:30

「同情票狙い?」河野景子が“円形脱毛症”を告白も疑問の声続出

河野景子

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

フリーアナウンサーの河野景子が、3月27日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。ストレスの影響により、直径5センチもの円形脱毛症になったことを明かした。

番組中、司会の黒柳徹子から「円形脱毛症におなりになったんですって?」と聞かれた河野は、「多分、女性としてのいろんなホルモンのバランスも崩れてるときでもあったかもしれないんですが…次々といろんなことがありまして」とつらそうな表情でコメント。徹子が「どこらへん?」と再び質問すると、「もうね、ここ…」「前のところが…」と額の上を指差し、「これぐらいです。ツルッて…」「5センチぐらいが…ここがある日突然…」と、両手の指で脱毛部分の大きさを表した。

主にストレスが原因で発症するといわれている円形脱毛症。河野も心労には心当たりがあるようで、「乗り越えた後に、もう立ち直ってるときに後から体にくるんだということが分かりました」と語り、「それは後のことだったの?」「一番苦しいときじゃなくて?」という徹子の質問にも「そうです。(苦しいとき)ではないです」と静かにうなずいていった。

■ 円満離婚でなかったことが浮き彫りに?

ストレスの原因が何かは明言しなかった河野だが、やはり思い浮かぶのは昨年の離婚劇だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.