くらし情報『NHK朝ドラ感謝祭『半分、青い。』謎の高評価に疑問の声が続出!』

2019年4月2日 19:00

NHK朝ドラ感謝祭『半分、青い。』謎の高評価に疑問の声が続出!

』のシーンが2位にランクイン。1位は07年度後期の朝ドラ『ちりとてちん』、3位が13年度前期の『あまちゃん』、4位が01年度前期の『ちゅらさん』、5位が13年度後期の『ごちそうさん』となっており、2位というのはかなりの快挙です」(同・記者)

■ “クソドラマ”すぎて歴史に残ってしまう?

しかしこのランキングにも、

《あんなにたたかれて不人気だった「半分、青い」が2位ってあり得ない》
《半分青いとかマジっすか?どんな層に受けたんだろう?》
《半分青いは忖度なのかな?》
《半分青いはドラマとして成立してない! 土俵に上げるなと言いたい》

などと批判が続出。なぜ『半分、青い。』はここまで不人気なのに、結果を残しているのだろうか。

朝ドラは緩く平和な雰囲気が多いので、『半分、青い。』のようなハチャメチャな作品は、良くも悪くも目立って印象に残りやすいのでしょう。『イライラしながらも全部見てしまった』といった声もあり、怖いもの見たさ的な要素も含んでいたので、数字も取れたのかと。それに比べると、『まんぷく』は王道展開で、安心して見られる分、印象にもあまり残らなかったようです」(同)

問題児だった『半分、青い。』と、優等生だった『まんぷく』。歴史に残るのは、『半分、青い。』なのかもしれない…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.