くらし情報『大不評!NHK『なつぞら』視聴者から“ダメだし”食らったのは…』

2019年4月1日 19:00

大不評!NHK『なつぞら』視聴者から“ダメだし”食らったのは…

内村光良

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

NHK朝の連続ドラマ小説『なつぞら』が、4月1日から新しくスタートした。同作は通算100作目の連続ドラマ小説で、ヒロイン・奥原なつ役を広瀬すずが演じている。

主人公・なつのモデルとなったのは、日本のアニメーションの草創期を支えた先駆者の1人で、実在のアニメーター・奥山玲子さん。番組開始しばらくは『北海道・十勝編』として、なつの幼少期が描かれるが、その後は『東京・新宿編』『アニメーション編』と舞台を変え、奥山さんの歩んだ生き様が再現されるという。

オープニングが全編アニメーションだったことも話題になっており、ネット上では「何だか昔懐かしいアニメを思い出した」「んん、まさかのアニメなのかとビックリした」「アニメとスピッツ、今期は心なごむ始まり方ですね」など、評判もよく、上々の滑り出しと言えよう。

しかし一方で、「これはちょっといただけない」とドラマの重要パートに対して違和感を訴える声も上がっている。

内村光良のナレーションに〝ダメ出し〟する人が続出しています。内村にとっては初のナレーションということで、慣れない部分は大いにあるのでしょうが、視聴者にとって見れば〝語り〟も重要な部分ですからね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.