くらし情報『ジャニーズJr.が語った”ジャニハラ”の中身に明石家さんま興味津々』

2019年4月7日 11:01

ジャニーズJr.が語った”ジャニハラ”の中身に明石家さんま興味津々

明石家さんま

画/彩賀ゆう(C)まいじつ

去る3月25日に放送された『痛快!明石家電視台』(MBS)に関西ジャニーズJr.の『なにわ男子』、『Lilかんさい』、『Aえ! Group』の総勢18名が出演。MCの明石家さんまは、「フォーリーブスの時代からジャニーズとずっと仕事をしている。これからもよろしくお願いします、やな」と若い彼らをやさしく迎え入れた。

まだまだテレビでは見掛けることの少ないジャニーズJr.の面々。それゆえに、東京と大阪でのJr.の違いや〝ジャニハラ〟についての話に、さんまも興味津々だったようだ。

関西ジュニアは東京と違って、先輩の曲を全部覚えなければいけないという。東京ジュニアは200人ぐらいいるが、関西ジュニアは50人ぐらい。東京はどの先輩のバックに付くか担当が決まっているが、関西は全員が付くためそうなるらしい。

『Aえ! Group』の末澤誠也によると「本番の2日3日前に連絡が来てリハーサルをやるんで、何となく頭に入れておかないといきなりは覚えられない」という。

■ ジャニーズならではの気苦労が絶えない

また『なにわ男子』の藤原丈一郎は「東京は専用のスタジオが何個かあるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.