くらし情報『『AKB』内部批判で崩壊中! “握手会”ビジネスが完全に破綻』

2019年4月9日 17:30

『AKB』内部批判で崩壊中! “握手会”ビジネスが完全に破綻

指原莉乃

(C)まいじつ

総選挙や大人数を駆使した戦略で連続ミリオンヒット記録を更新し続け、平成を代表するアイドルとなった『AKB48』とその系列グループ。しかし、平成の終焉と同時に、組織そのものも崩壊を迎えようとしている。

AKB系列グループ最大の特徴は、何と言っても握手会によるCD販促システム。直接触れて言葉も交わせる「会いに行けるアイドル」というコンセプトは時代にマッチし、その近しい〝距離感〟はファンの欲求を満たす最大のウリとなった。

一方、あまりの距離の近さはアイドルの一線を越えた関係も生み、各グループでファンを原因としたトラブルが多発。その最たる例が今年1月に発覚した『NGT48山口真帆への暴行事件で、これまでウリにしてきたそのビジネスモデルに「やはりやり過ぎだったのでは」と冷たい目が向けられることとなった。

■ 当事者も負担に感じていた握手会システム

「NGT」をはじめとするAKB系列グループを運営する『AKS』は、第三者委員会を立ち上げて同事件の真相究明を宣言。しかし、先月公表された調査結果は玉虫色そのもので、〝臭いものにフタ〟をしたがっていることは誰の目にも明らかだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.