くらし情報『フジ‟月9”『ラジエーションハウス』バカ過ぎ新人技師の広瀬アリスが心配』

2019年4月9日 11:01

フジ‟月9”『ラジエーションハウス』バカ過ぎ新人技師の広瀬アリスが心配

広瀬アリス

(C)まいじつ

4月8日にフジテレビ〝月9〟ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』がスタート。窪田正孝広瀬アリス遠藤憲一らの演技が高く評価され、原作ファンからも好意的な意見が上がった。一方、放射線技師が症状を判断するシーンについて、「そんなことも知らないのか」「医療従事者なら常識」など、関係者と思われる人たちから呆れる声も噴出している。

同名の漫画を原作としている同作。主演の窪田は米国帰りの放射線技師・五十嵐を演じる。新しく入った病院には、医師の甘春(本田翼)が勤めていた。五十嵐は幼なじみの甘春に思いを寄せていたが、甘春はどうやら五十嵐のことを忘れているようだ。

第1話では、著名な写真家・菊島(イッセー尾形)が頭痛を訴え入院。病院側が症状を探る展開となった。原因が分からないまま病院は手術しようとしたが、五十嵐は頭部画像から寄生虫がいることを突き止める。ボリビアでの取材中に感染したものだと断定し、手術を中止して投薬治療に切り替えることにした。

■ 「脳が溶けてる!」新人技師の叫びにツッコミ続出

ドラマ全体の評判は悪くなかったが、視聴者から批判の声が上がる場面も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.