くらし情報『板野友美『ライブ告知』再生回数“たったの200回”つらく哀しい現状』

2019年4月12日 10:31

板野友美『ライブ告知』再生回数“たったの200回”つらく哀しい現状

板野友美

(C)まいじつ

在籍中どんなに大人気を博しても、卒業するとみな活動に苦戦することで知られる『AKB48』のメンバーたち。その例に漏れず、元メンバー・板野友美の悲惨な現状が浮き彫りになってきた。

去る3月8日、板野は自身の公式サイトにて、《2019年の板野友美アーティスト活動プロジェクト第一弾》としてワンマンライブを行うと発表。日程は6月1日の1日のみで、会場には昨年のライブツアーで最終公演を行なった『マイナビBLITZ赤坂』が選ばれた。

翌9日からは、各チケットサイトにて販売がスタート。しかし、用意された枚数に達し次第終了する先着順にもかかわらず、チケットは販売開始から1カ月以上経過した現在も購入可能な状態。残りわずかというわけでもなく、随分と余っているらしい。

■ 音楽のみならず、芸能活動全般に黄色信号…

「卒業後の『AKB』メンバーは誰もが苦しみますから、この一件も〝よくあること〟としか思われないでしょう。しかし、今回のライブはツアーではなく1日のみの開催。会場も地方ではなく東京のライブホールで、収容人数1300人ほどとハードルは相当低く設定されています」(音楽誌編集)

さらに、板野の哀れさを悲痛なまでに強調するのが、YouTubeで公開されたライブ開催の告知動画。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.