くらし情報『犯人は誰? 木村拓哉がジャニーズ内でイジメられた過去を告白』

2019年4月14日 10:30

犯人は誰? 木村拓哉がジャニーズ内でイジメられた過去を告白

木村拓哉

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月7日、木村拓哉がパーソナリティーを務めるラジオ番組『木村拓哉Flow』(TOKYO FM)に元『男闘呼組』の岡本健一が出演し、貴重なエピソードが続々と明らかになった。

男闘呼組」は1985年結成、88年デビューで、同じく88年に結成された『SMAP』に所属していた木村にとって直の先輩となる人物。木村にギター演奏を教えたのは岡本など多くの逸話があるが、2人の出会いはジャニーズ事務所の合宿所だったという。

番組内の2人が合宿所の思い出話に花を咲かせていると、木村は先輩とのやり取りの中で岡本に助けられたエピソードを振り返った。いわく、〝とある先輩〟が「SMAP」メンバーにお下がりの洋服をくれたのだが、「中居、森、稲垣、香取、草彅、来いよ!服やるよ」と他のメンバーだけが呼ばれ、木村はそこに含まれていなかったという。

■ ネットでは〝犯人探し〟がスタート

村八分にされて困惑する木村のもとに、さっそうとやってきたのが岡本だったとのこと。木村は当時の様子を「『あれ? 俺は?』ってなっていたときに、ちょうどそのタイミングで岡本くんが通り掛かって、『おい木村!飯行くぞ!』って言ってくれたんですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.