くらし情報『『石橋貴明のたいむとんねる』ミッツ降板に歓喜の声続出のワケ』

2019年4月14日 17:31

『石橋貴明のたいむとんねる』ミッツ降板に歓喜の声続出のワケ

ミッツ・マングローブ

(C)まいじつ

この4月に放送1年を迎えた『とんねるず』石橋貴明の冠番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が、4月8日の放送から一部リニューアルされたようだ。

「たいむとんねる」は、昨年3月に前身番組から数えて約30年の歴史に幕を下ろした『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同系)に代わるトークバラエティー。番組テーマは〝ノスタルジー〟で、主に昭和・平成のブームや出来事が映像とトークで振り返られていく。

MCに就任したのは、番組名に名を冠している石橋とタレントのミッツ・マングローブ。番組開始前から「古臭い」「後ろ向き」などの批判はあったものの、40代後半から60代の年配世代からは人気を博した。しかし、番組開始から1年を迎えた8日の放送に、なぜかミッツの姿はナシ。また、放送前に降板の告知は一切なく、結局ミッツ不在について全く触れないまま番組はエンディングを迎えたのだった。

■ ミッツの役割に疑問を抱いていた視聴者

「公式サイトの次回予告にもミッツの名前はなく、MC欄には石橋の名前のみが記載されているため、おそらく改編期に降板させられたのでしょう。しかし、何の前触れや言及もない降板劇とあって、視聴者の憶測を呼ぶことは避けられませんね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.