くらし情報『『AKB48』のステージに異変…“裸寸前カラミあり”でも閑古鳥!?』

2019年4月15日 10:31

『AKB48』のステージに異変…“裸寸前カラミあり”でも閑古鳥!?

AKB48

(C)まいじつ

新潟を本拠にする『NGT48』の不祥事による組織改編が囁かれる中、本家の『AKB48』も「もはや末期的」だと評判だ。NGTの話はさておき、今やAKBの人気下降に歯止めがかからないという。

「5月で卒業する『HKT48』の指原莉乃をAKBの一員と考えても、東京の方にスターがいません。選抜総選挙は昨年の第10回で終了。以前はオジサンたちの飲み屋の話題にまでなったのに、予想しようにもメンバーの名前すら出てこないありさまです」(芸能ライター)

昨年の1位は名古屋を本拠地とする『SKE48』の松井珠理奈、2位が同じく須田亜香里、3位が博多を拠点とする『HKT48』の宮脇咲良…。まさに〝本家〟AKB不在の状況だ。

「総選挙6位はAKB専任で今年3月まで総監督を務めた横山由依が入ったのですが、AKBで全国区の知名度があるのなんて横山ぐらいなものでしょう。顔と名前が一致しないようなメンバーばかりでは、盛り上がるはずもありません」(同・ライター)

例えばチケットにしても、昔は1カ月待ちや出演メンバーによっては即完売というのはよく聞かれたもの。ところが、

「今なんて特別なイベントでもない限りガラガラで、当日あるいは前日でもチケットが取れるんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.