くらし情報『福山雅治『集団左遷!!』のオーバー演技に「安っぽい」と呆れ声続出』

2019年4月22日 11:00

福山雅治『集団左遷!!』のオーバー演技に「安っぽい」と呆れ声続出

福山雅治

(C)まいじつ

福山雅治が主演するドラマ『集団左遷!!』(TBS系)が4月22日にスタートした。香川照之、三上博史ら演技派俳優が脇を固めているが、香川、三上に比べて福山のオーバーアクション的な演技に「違和感がある」と首をひねる声が続出している。

舞台は大手銀行。片岡(福山)は蒲田支店への異動と支店長への昇格を言い渡される。だが、銀行幹部が蒲田支店をはじめとしたいくつかの店舗の廃止を検討していることが明らかに。片岡は常務の横山(三上)から支店廃止の意向を伝えられ、「何も頑張らないでいただきたい」と念を押された。

第1話では、会社経営者・米山(平山浩行)が融資を踏み倒して失踪。片岡は“頑張るな”という命令を無視して、米山から融資回収をするために奮闘した。

■ 福山のコミカル演技に「安っぽい」批判続出

福山は終始コミカルでオーバーアクションな演技を披露。米山が車で〝逃走〟するシーンでは、福山が車にしがみついたものの、振り飛ばされて壁に激突。あお向けで逃げられたことを悔しがるシーンもあった。

銀行を舞台にコミカルな演技を見せた福山に対し、違和感を示す多くの声が続出。

《こんなに、つまらないのは久しぶり》
《銀行にこんな安っぽいシーンとかないしな》
《テンション落とした方が絶対楽しめると思います》
《演技がやけにオーバーリアクションで違和感ハンパなかった》

また、迫真の演技を見せた三上、香川と福山とを見比べる声もあった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.