くらし情報『GACKT格闘技『RIZIN』を解説するも「無能感がすごい」と批判』

2019年4月22日 11:38

GACKT格闘技『RIZIN』を解説するも「無能感がすごい」と批判

RENA選手は結局、最後まで攻め続けて判定勝ち。GACKTは「RENA選手のスタミナが上回っていた」と論評。最後も「スタミナ」の一言で締めた。

ツイッターではGACKTの解説を批判する声が続出する状態に。

《GACKTの解説が最初から最後までスタミナがあるかどうかで笑った》
《GACKT様のスタミナへのこだわりは異常》
《GACKT好きだけど、RIZINの解説としては無能感がすごい…終始「スタミナが〜」しか言ってないし…》
《GACKTがスタミナスタミナうるさ過ぎて笑えてくる》
《ガクトがスタミナ太郎とか言われてるのはほんと笑った》
《これ以上スタミナって言わないでよ。GACKTが安くなっちゃうよ》

格闘技ファンのみならず、格闘技初心者と思われるツイッターユーザーからも批判の声が出た。

しかし、「スタミナ」1本で解説を乗り切ったGACKTはスゴい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.