くらし情報『出演者に襲い掛かる不幸…『平成』呪われたコマーシャル3選!』

2019年5月3日 11:02

出演者に襲い掛かる不幸…『平成』呪われたコマーシャル3選!

出演者に襲い掛かる不幸…『平成』呪われたコマーシャル3選!


科学が発展した現代では〝呪い〟なんてあり得ないと思ってしまうが、平成の芸能界には〝呪い〟という言葉でしか片付けられない奇妙な出来事があった。

〝呪われたCM〟を紹介しよう。

《桃の天然水》
このCMが初めて放送されたのは、1998年。爽やかでかわいらしいイメージの華原朋美を起用したところ、華原に不幸が降りかかった。その年、華原は料理中にガス中毒で倒れ、病院に搬送。また、小室哲哉と破局し精神不安定になり、事務所を解雇されてしまったのだ。

後任に浜崎あゆみが起用されたが、その後、左耳の疾患(内耳性突発難聴)を発症。左耳の聴力を失うという不幸が続いた。

「その後、〝桃天3人娘〟として、吉井怜村田洋子神戸みゆきが出演するも、その年に吉井は急性骨髄性白血病を発病、村田は事務所から解雇され引退、神戸みゆきは8年後の2008年に24歳の若さで心不全のため死去してしまいます。さらに2013年、最も新しいCMにはモデルのローラが起用されました。しかし呪いが強かったのでしょう…、その年にローラの実父が詐欺容疑で逮捕されました。それ以降、CMは新しく制作されていないようです」(広告会社関係者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.