くらし情報『『Mステ』が誇る“4大”放送事故! タモリ歴史に残る一言に大爆笑!』

2019年5月3日 19:00

『Mステ』が誇る“4大”放送事故! タモリ歴史に残る一言に大爆笑!

タモリ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

生放送では編集ができないため〝放送事故〟がたびたび起こる。テレビ朝日系で1986年から放送され、平成の音楽シーンに寄り添い続けた人気番組『ミュージックステーション』の放送事故を紹介していこう。

まずは、山下智久の〝口パク〟がバレた事故。2006年に番組へ出演した際、『抱いてセニョリータ』を歌唱していると、ダンスの振り付けによって山下はマイクスタンドを倒してしまった。山下はすぐにマイクを拾いにいったものの、その際も歌声は全くブレることなく流れ続けたため、口パクだとバレることになったのだ。

ちなみにその翌週にも、山下は『Mステ』に出演。MCのタモリから放送後の反響を聞かれた際に、「ジャニーさんから電話がかかってきまして、『ユー、インパクト大だよ』って」と明かしている。

続いては川本真琴の〝歌詞忘れ事件〟。90年代後半に大ブレークした女性ソロアーティストの川本だが、山下とは真逆の事故を起こしてしまった。それは、98年にリリースした「桜」を披露したときのこと。

川本は歌っている途中で歌詞をド忘れしたようで、「ウゥーイエーィ…」「トゥラララ…」といった歌でごまかしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.