くらし情報『朝ドラ『なつぞら』女生徒への“デブ”イジりに批判続出「扱いが酷い」』

2019年4月25日 17:30

朝ドラ『なつぞら』女生徒への“デブ”イジりに批判続出「扱いが酷い」

広瀬すず

(C)まいじつ

視聴率を維持している広瀬すず主演の朝ドラ『なつぞら』。しかしここに来て、容姿で人を差別するような展開に批判が上がり始めている。

4月22日より、『なつぞら』は第4週「なつよ、女優になれ」がスタート。この週より、倉田先生柄本佑)に誘われて演劇部に入ったヒロインのなつ(広瀬)は、部活の練習に精を出す。

そんな中、クラスメイトのふくよかな女の子・良子(富田望生)を、なつは演劇部に誘うことにした。良子は「いいよ私なんて…お誘いもないし…」と遠慮したが、演劇部の雪次郎(山田裕貴)もなつと一緒になって良子を誘う。しかし雪次郎は「裏方はたくさんいた方がいいんだから!」と、なぜか良子を演者ではなく裏方だと決めつける。

そして、演劇の脚本を書き上げた倉田先生も、「女の役はみんなお前(なつ)にやってもらう」「女はお前しかいないんだ」となつに言い放ち、良子を演者として考えていない扱いをする。これに良子は、少しスネていた。

見逃した方へお知らせです。
昨日放送された『土曜スタジオパーク in北海道「なつぞら」特集』を本日より2週間、NHKオンデマンドで無料配信していますよ。※ 無料会員登録が必要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.