くらし情報『殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】』

2019年4月30日 17:30

殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】

殴打数十回、露出強要、ゆすり…鬼畜の所業【平成わいせつ教師事件簿】

(C)Peeradon payakpan / Shutterstock

1995年、奈良県奈良市の県立高校で、演劇部顧問だった当時32歳の男性教諭Iが〝演技指導〟と称して暴行や性的虐待を繰り返し、逮捕された。Iには2年7カ月の〝激甘〟な実刑判決が下されている。

このIは、少なくとも1992年から3年間にわたり、演劇部の指導の際、複数の部員に暴行やわいせつ行為を繰り返していた。被害にあった1人、2年生の女生徒Aさんは、練習時間に遅れたことを理由に頭を20回以上、腹部を2、3回殴られ、鼓膜損傷など全治9カ月のケガを負っている。その際、Iは「親には本当のことを言うな。お前の将来くらいどうにでもなる」と隠蔽工作まで行っていたというから、まさにヤクザ顔負けの悪質さだ。

「Iは他の生徒にも『指示通りにできなかった』『音響の捜査を間違えた』などと理由を付けては、一度に数十回も殴打を繰り返していました。また、〝演技指導〟と称して女性部員を部室に連れ込み、身体を触るなどのわいせつ行為も発覚しています。さらには生徒が卒業した後も、自ら主催する劇団に所属させ、わいせつな行為を繰り返していたのです」(地元紙記者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.