くらし情報『ジャニーズ“平成の大誤算”…『Sexy Zone』はなぜ失敗したのか』

2019年5月4日 17:32

ジャニーズ“平成の大誤算”…『Sexy Zone』はなぜ失敗したのか

ジャニーズ“平成の大誤算”…『Sexy Zone』はなぜ失敗したのか

(C)VladOrlov / Shutterstock

今年11月にデビュー8周年を控え、今や若手から中堅になった〝セクゾ〟こと『Sexy Zone』。しかし、そのポジションは何とも微妙な位置にあり、いまだに「ブレークしきれていない」状況が続いている。

近年、「セクゾ」は事務所からの猛プッシュを受け続けており、昨年はグループ初の地上波冠番組が放送された他、夏には日本テレビの『24時間テレビ愛は地球を救う』のメインパーソナリティーに抜擢。中島健人は『ぐるナイゴチになります!』(同系)新レギュラーや、メンバー初となる深夜以外での連ドラ主演を務め、佐藤勝利も同枠ドラマに準主演クラスで出演した。今年に入ってからもチョコレート菓子のCMやゴールデンバラエティーのレギュラーなど、仕事はさらに増えている。

しかし、事務所の期待もファン獲得には結び付いていないようで、CD売り上げは「まだ知名度がない」と言われた若手時代から〝微増〟にとどまっている状態。また、現在行なっているライブツアーは相変わらず1万人規模のアリーナクラスで、デビューから10年近くたつ今でも「ドーム公演」を一度も行えていない危機的状況だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.