くらし情報『韓流偏向!? フジテレビ『凋落』は抗議デモから【平成テレビ局スキャンダル】』

2019年5月4日 10:31

韓流偏向!? フジテレビ『凋落』は抗議デモから【平成テレビ局スキャンダル】

韓流偏向!? フジテレビ『凋落』は抗議デモから【平成テレビ局スキャンダル】

(C)Mai Groves / Shutterstock

2004年~2010年(平成16年~平成22年)の7年間、視聴率三冠王に輝き、飛ぶ鳥を落とす勢いだったフジテレビが、奈落の底に落ちるきっかけとなったのが『フジテレビ抗議デモ事件』だ。

最初にデモが発生したのは2011年8月7日だった。前月7月に俳優の高岡蒼甫が、「フジテレビは韓流ドラマを放送し過ぎている」とツイッターで批判したことをきっかけに、所属事務所を解雇されると、ネット上でフジテレビに対する批判が噴出。抗議デモに発展した。

「最初のデモは警察の許可が下りなかったため、単なるミーティング扱いでした。しかし、約600人がネットの呼び掛けに応じ参加しました。その後、デモの主催者からフジテレビに対して抗議文が提出されましたが、フジテレビ側はこれを『抗議されるいわれはない』と拒否。これにより、デモがさらにヒートアップしていったのです。当時、フジテレビ側は単なるネット住民による〝お祭り騒ぎ〟と軽く考えていたようで、事の重要性をほぼ理解していませんでした。まさかこんな大事になるとは思ってもみなかったでしょう」(番組制作関係者)

その後も、抗議デモは複数回続き、お台場の本社前にとどまらず、銀座、大阪、名古屋と拡散し、最後は那覇や札幌など全国規模に展開した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.