くらし情報『ジャニーズ“平成最大”スキャンダル!中森明菜をハメて葬った?『金屏風事件』』

2019年5月2日 17:31

ジャニーズ“平成最大”スキャンダル!中森明菜をハメて葬った?『金屏風事件』

中森明菜

(C)まいじつ

平成のジャニーズ最大のスキャンダルといえば、現在の“序列”ナンバーワン・近藤真彦が“歌姫”中森明菜を奈落の底に突き落とした『金屏風事件』だろう。

1989年12月31日に行われた中森明菜の謝罪会見は、会場に金屏風が用意され、当時、中森と付き合っていた近藤真彦が同席したことから、マスコミ各社は〝結婚報告会見〟と見ていた。しかし、実際に行われたのは、中森が近藤の自宅で起こした自殺未遂の謝罪会見だったことから、ジャニーズ事務所が中森に嘘をついて、メディアの前に引きずり出した疑惑が持たれている。

「会見の真相についてはさまざまな憶測が流れましたが、偽装会見を画策したのはジャニーズ事務所のX氏といわれています。当時、中森は近藤との結婚をエサに、近藤とそのマネジャーに1億円近い金を渡していました。しかし、近藤と松田聖子とのアメリカでのキス写真が流失したことでショックを受け、近藤の自宅で自殺を図ったのです。中森はその後、所属していた研音を辞め、X氏と個人事務所を設立しましたが、本格的に活動を再開する前にX氏は事務所を去ってしまい、ハシゴを外された中森は完全に芸能界で居場所を失ってしまったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.