くらし情報『まるで腹話術…指原莉乃『ラストMステ』でヘタ過ぎる口パクを披露!?』

2019年5月8日 07:31

まるで腹話術…指原莉乃『ラストMステ』でヘタ過ぎる口パクを披露!?

指原莉乃

(C)まいじつ

4月26日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に指原莉乃が出演。『AKB48』グループのメンバーとしては最後となるステージに臨んだのだが、視聴者からは〝口パク〟に失望する声が多く上がってしまった。

グループ卒業を目前に控えたタイミングだったこともあり、番組は指原をフィーチャーする構成になっていた。指原は冒頭から「AKB48」のメンバーが左右に分かれて作った花道を通り抜け、まさに主役といった存在感を発揮。タモリとのトークも指原が中心となり、卒業について抱いている思いなどが明かされた。

そして、番組の中盤ではSPメドレーを披露。指原は自身の卒業ソングである『私だってアイドル!』をソロで歌った後、「AKB48」の一員として『恋するフォーチュンクッキー』も歌い上げ、さらに歌唱後には「みなさんありがとうございました。そして、グループをこれからもよろしくお願いします!」などのコメントでラストステージを締めくくった。

■ 「まるで腹話術」レベルの口パク?

華やかな晴れ舞台となるはずだったが、多くの視聴者は指原の歌い方に違和感を覚えてしまったようだ。『私だってアイドル!』はソロ曲だったため、カメラはほとんど常に指原を捉え、口元がアップで映る機会も多かった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.