くらし情報『『TWICE』サナ「令和」を祝っただけで韓国ネット猛バッシングの異常』

2019年5月15日 19:00

『TWICE』サナ「令和」を祝っただけで韓国ネット猛バッシングの異常

『TWICE』サナ「令和」を祝っただけで韓国ネット猛バッシングの異常

(C)Sam Wordley / Shutterstock

日本中が改元の話題で持ちきりだった5月1日、韓国では、女性アイドルグループ『TWICE』のメンバーの1人が改元を祝うようなコメントをしたことで、炎上騒ぎが起こっていた。

TWICE』は、2015年に韓国で結成された多国籍の女性9人組。5人の韓国人メンバーと3人の日本人メンバー、1人の台湾人メンバーからなる。韓国での活動を中心としながら、日本においてもNHK紅白歌合戦に出場するなど人気が高い。

猛バッシングによって〝火をつけられた〟のは、日本人メンバーのサナだ。彼女は4月30日、公式インスタグラムに《平成生まれとして、平成が終わるのはどことなく寂しいけど、平成お疲れ様でした!令和という新しいスタートに向けて、平成最後の今日はスッキリした1日にしましょう!》と日本語で投稿。これに対し、そもそも改元に不快感を持つ韓国のネットユーザーらが、「韓国人ファンに対して失礼だ」などと批判的なコメントを寄せたのだ。

「批判を受けたサナは、かなり心痛しているようです。その後、韓国の音楽番組に出演した際には涙ぐんでいたとも。肩を落とすサナを支えた韓国人メンバーまでもが、『日本人を支えるべきではない』などと批判の的になっているといいますからヒドいものです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.