くらし情報『GACKT元所属バンド脱退の“真相”明かすもファン怒り「美談にするな」』

2019年5月17日 11:02

GACKT元所属バンド脱退の“真相”明かすもファン怒り「美談にするな」

GACKT

(C)まいじつ

歌手のGACKTが5月16日『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。バンド『MALICE MIZER』(マリスミゼル)に所属していた時代の回顧話を披露し、活動休止後に急逝したバンドメンバーに「謝りたい」などと率直な思いを口にした。しかし、同バンドの往年のファンからは賛否両論が飛び交う展開に。GACKTの〝黒歴史〟を美談化しようとしていると指摘し、激怒するファンが相次いだ。

前週に引き続き、坂上忍GACKTの私生活に密着。GACKTは「謝りたい人物がいる」と、同バンドのドラマーで1999年に亡くなったKamiさんについて口にした。GACKTは同バンドでボーカルを務めていたが脱退。当時はGACKTが「行方不明」「雲隠れした」などと報じられた。

番組内でGACKTは「バンドのメンバーが集まって、『解散する』みたいな話になった」と真相を口に。本人はバンドを「続けるつもりだった」というが、「僕対メンバー、社長」に意見が完全に分かれたとし、不本意ながら同バンドを脱退したと明かした。

2001年の脱退後、同バンドは4人での活動を模索し始めたが、ほどなくKamiさんが急逝。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.