くらし情報『『プレバト!!』大御所歌手が採点にブチギレも「典型的な老害」』

2019年5月20日 17:31

『プレバト!!』大御所歌手が採点にブチギレも「典型的な老害」

『プレバト!!』大御所歌手が採点にブチギレも「典型的な老害」

pathdoc / Shutterstock

5月16日放送の『プレバト!!』(TBS系)3時間SPに大御所歌手の加藤登紀子が出演し、自身の順位に不満をあらわにする場面があった。

同番組は出演者が短歌や絵など、さまざまな分野でセンスを比べ、先生の採点によって格付けをしていく人気バラエティー。今回は、芸能人が特技を1カ月間特訓した上で専門家に査定を受ける新企画『ザ・1カ月』が放送され、加藤は1カ月かけて描き上げた油絵を査定されることになった。

「油絵査定」に挑んだのは加藤を含めた計5名だが、何と加藤は自信に反して最下位に。結果発表の段階で「もう本当ね、絶対許せない」と納得いかない様子で、実際に描いた絵が公開されてからも「1カ月この絵とともに暮らしたわけ。この絵には魂が宿っているわけ」「だからこれを最下位にしたら後で皆さん祟りますよ」と不満をブチまけた。

■ 放送後のSNSでも悔しさを全開に…

審査員から「才能ナシ」と判定されるVTRが流れると、加藤は顔を引きつらせて怒りにも似た表情に。その後、「光と影がない」「全く平板に塗っている」と評されると、VTR明けのスタジオでは「光は薔薇の向こうからうっすら差している」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.