くらし情報『ギャル曽根の調理姿に「不潔」「絶対買いたくない」と酷評続出』

2019年5月20日 11:02

ギャル曽根の調理姿に「不潔」「絶対買いたくない」と酷評続出

ギャル曽根


5月19日放送の『林先生の初耳学』(TBS系)に出演したギャル曽根スイーツ作りに挑戦したが、その際のいでたちに関して視聴者がクレームを寄せた。

ギャル曽根はこの日、スイーツ界のトップブランド『ピエール・エルメ・パリ』の青山店を訪問。自ら作ったスイーツを並べてもらうことにした。

以前、パティシエ修業に励んだ経験を持つギャル曽根は同店のスイーツを味見し、「ケーキを食べただけでも良さが分かる」「食感を大事にしている」と絶賛。チョコのタルトを作ろうと画策し、有名パティシエ・鎧塚俊彦氏のもとを訪れ、ノウハウを学んだ。

■ ケーキ作りで髪をまとめず、メークも通常通り

普段通りと思われるメークにパティシエ用の白い帽子、服に着替えたギャル曽根は、長い髪をまとめず、髪を帽子に入れない状態で調理開始。鎧塚氏から手つきの良さを褒められたギャル曽根だったが、徐々に〝ダメ出し〟が増えていった。

その後も「どうしようかな」と、くちびるやほほに手を当てながらタルト作りに精を出したが、完成品を見た鎧塚氏は「『エルメ』に(ギャル曽根の)菓子を置くのは反対」とピシャリ。それでもギャル曽根は「少しでも可能性があるのなら」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.