くらし情報『一般人を嘲笑!『キスマイ』玉森の“俳句”に非難続出「性格悪過ぎる」』

2019年5月24日 11:00

一般人を嘲笑!『キスマイ』玉森の“俳句”に非難続出「性格悪過ぎる」

Kis-My-Ft2

(C)まいじつ

Kis-My-Ft2』の玉森裕太が5月23日、『プレバト!!』(TBS系)にゲスト出演した。共演者とは一風異なる斬新な俳句を詠みスタジオを笑いに包んだが、一部視聴者からは「一般人をばかにしている俳句だ」と非難する声も聞こえてくる。

出演者が俳句を詠み、専門家がランキング付けしていく同番組。この日は「5月の昼休み」が題材だった。テーマに添えられた写真には、日中、暑い中半袖で店に行列を作る人たちの姿が写されていた。

この日、元たいそうのおにいさん小林よしひさ、コラムニストの犬山紙子氏、片岡鶴太郎らと順位を競うことになった玉森だが、5人中最下位に。同番組に出演してきた「Kis-My-Ft2」のメンバーが詠んだ全91句の中でも2番目に低い「20点」の評価が下された。

■ 俳句に若者言葉を盛り込み専門家ドン引き

玉森が詠んだ俳句は「炎天下待ち行列に草生える」というもの。「草生える」は〝笑い〟を表わすネットスラング。昼休みに行列を作る人たちを「笑える」と表現したことに、浜田雅功は「失礼や!」と思わず声を上げた。玉森は「涼しい喫茶店に入ればいいのに、行列を作っているところがおかしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.