くらし情報『坂上忍「池袋暴走老人」を“容疑者”と言えず視聴者からエール送られる』

2019年5月26日 17:30

坂上忍「池袋暴走老人」を“容疑者”と言えず視聴者からエール送られる

坂上忍

(C)まいじつ

5月22日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)で、司会の坂上忍に「様子がおかしい」と心配する声が寄せられる一方で、「圧力がかかってる?」と指摘する声も相次いだ。

この日、坂上はレギュラーの『おぎやはぎ』とともに冒頭のあいさつを済ませ、途中まではいつも通りに番組が進行。しかし、話題が池袋で起きた自動車暴走事故になると、坂上は徐々に感情をあらわにし始める。

既に大きな話題になっているが、同事故は元通商産業省の官僚・飯塚幸三容疑者が猛スピードで信号無視を繰り返し、親子2人を殺した上で9人の負傷者を出した一大事件。しかし、飯塚容疑者が逮捕されないまま捜査が続いていることや、新聞やテレビの報道においては「容疑者」ではなく「元院長」という呼称が用いられていることから、世間では批判が噴出している。

坂上もこの点には疑問を抱いているようで、警察の対応の不自然さについて持論を展開し、専門家としてスタジオに来た弁護士と口論のようになる場面も。そして、「僕は『元院長』という表現をするのがどうしても納得いかない」などと不満そうに述べた後、「もう仕方がないから言うこと聞いてますけど…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.