くらし情報『山口智子30年ぶり朝ドラ出演も「ロンバケ時代から進歩なし」と辛口批評』

2019年5月26日 19:00

山口智子30年ぶり朝ドラ出演も「ロンバケ時代から進歩なし」と辛口批評

山口智子

(C)まいじつ

視聴率好調が続くNHK朝ドラ『なつぞら』の5月22日放送回に女優の山口智子が登場し、話題になっている。山口は〝伝説の劇場〟ムーランルージュ新宿座の人気ダンサーとして一世を風靡し、引退後はおでん屋『風車』を経営している岸川亜矢美役を演じている。朝ドラ出演は1988年『純ちゃんの応援歌』でヒロインを務めて以来、30年ぶりとなる。

ネット上では、

山口智子懐かしいな。今後の展開が楽しみ》
山口智子岡田将生に「お母さん」って呼ばれてるわw》
《久しぶりにドラマで見た。今でもきれいですね!》

など、歓喜の声が上がったが、一方で厳しい意見も聞こえてくる。

《この人「ロンバケ」のときから演技が全く変わってないな》
《基本的に演技下手だよね。今さら感満載》
《この何となく落ち着かない感じがいつもの山口智子だよね》

「1990年代にはトレンディードラマで高視聴率を連発し、トップ女優として君臨した山口ですが、俳優の唐沢寿明と結婚後は徐々に女優業を縮小し、CMなどを細々とこなしていました。『なつぞら』は100作目の記念作品ということで、過去の朝ドラヒロインとして30年ぶりの出演となったわけです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.