くらし情報『『川崎殺傷事件』被害者少女の顔写真を必死に探す“マスゴミ”に批判殺到』

2019年6月1日 10:32

『川崎殺傷事件』被害者少女の顔写真を必死に探す“マスゴミ”に批判殺到

『川崎殺傷事件』被害者少女の顔写真を必死に探す“マスゴミ”に批判殺到

(C)Aaron Amat / Shutterstock

川崎連続殺傷事件の報道が加熱している。今度は多摩市・永山にあるフォトスタジオに、テレビ局関係者と思われる人物が来店し、事件で亡くなった少女の写真を探していたことが分かった。

某テレビ局から「登戸の事件で亡くなった女の子が多摩市に住んでいましたが、記念撮影などで利用したことがありませんか?」と電話があった。市内のスタジオにも色々電話しているぽかったので、仮に撮影でご利用されていても絶対にデータは提供してはいけない。被害に合った子の顔を晒さないでほしい

— フォトスタジオリブレリー (@studiolibrairie) May 30, 2019

https://platform.twitter.com/widgets.js

このフォトスタジオは5月30日、ツイッターに「某テレビ局から『登戸の事件で亡くなった女の子が多摩市に住んでいましたが、記念撮影などで利用したことがありませんか?』と電話があった。市内のスタジオにもいろいろ電話しているぽかったので、仮に撮影でご利用されていても絶対にデータは提供してはいけない。被害に合った子の顔をさらさないでほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.