くらし情報『小川彩佳『NEWS23』初登板に「ナイス安定感」と「テンポ悪~」の両論』

2019年6月4日 11:07

小川彩佳『NEWS23』初登板に「ナイス安定感」と「テンポ悪~」の両論

小川彩佳

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

NEWS23』(TBS系)が6月3日、リニューアルしてスタートした。雨宮塔子に代わりフリーアナウンサーの小川彩佳をメーンキャスターに据え、セットやオープニングテーマも入れ替えた。小川の司会ぶりには「落ち着いている」と好意的な声が相次いだ一方で、アンチからは相変わらず小川を批判する声が寄せられた。

小川は番組冒頭、「今やスマホであらゆる情報にアクセスできる時代。私自身も一緒に考え、感じ、気付き、そして触れる。一緒につながっていられる1時間を持てたら」などと抱負を語った。番組サイドもツイッターで「news23の公式ツイッターをフォローして頂き、 #カイゼン をつけて投稿してください」とコメントを募るなど、視聴者との「対話」を重視する方針を示した。

この日は、大阪・此花区で80歳の男性が車のアクセルとブレーキを踏み間違え子供4人を負傷させた事件や、元農水事務次官が息子を殺害した事件などを報道。「ネット空間で先鋭化する言葉」をテーマにネット論争に関する特集も放送した。

■ 番組終盤、頭をぶつけるハプニングも

小川は番組の最後、「明日もよろしくお願いいたします」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.