くらし情報『『有吉ゼミ』ギャル曽根の大食い企画に疑問の声「出来レースだろ」』

2019年6月4日 11:23

『有吉ゼミ』ギャル曽根の大食い企画に疑問の声「出来レースだろ」

ギャル曽根

(C)まいじつ

有吉ゼミ』(日本テレビ系)の大食い企画に、このところ批判が相次いでいる。6月3日放送回では、大食いタレントのギャル曽根が芸能人を交えて激辛メニューの大食いに挑戦し、この日も見事に完食した。しかし視聴者からは「出来レース」「共演者が大量に残すような量を用意するのはどうか」と、今さらになって同番組の人気企画を批判する声が相次いでいる。

小関裕太細田佳央太(かなた)、お笑い芸人のワタリ119を引き連れてタイ料理店へ。10人前の「超テラ盛りグリーンカレー」に挑戦した。米がココナッツカレールーの水分を吸収してふくれ上がり、小関らが苦しむ中、ギャル曽根は「(カレーの)ルー、追加できますか?」と店員に注文。ルーを大量に追加し、米が水分を吸いきる前に一気に口にかき込んだ。最後はワタリに追い上げられたものの、約40秒かわして4.2キロのカレーを先に完食した。

■ 「ヒーローは私です」勝ち誇るギャル曽根に批判の声も

この日、ギャル曽根は別ロケにも参加。戦隊ヒーロー役出身の金子昇平田雄也に『ハナコ』岡部大を加え、4人で4.3キロの「台湾まぜそば」にも挑戦した。それぞれ1キロ以上残した金子、平田とは対照的に、ギャル曽根は岡部よりも7秒早く完食。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.