くらし情報『激ヤセ!NHK『エール』窪田正孝に「ガリガリだな」「顔死んでない?」』

2019年6月6日 17:31

激ヤセ!NHK『エール』窪田正孝に「ガリガリだな」「顔死んでない?」

激ヤセ!NHK『エール』窪田正孝に「ガリガリだな」「顔死んでない?」

(C)Skeronov / Shutterstock

来年の春から放送されるNHK連続テレビ小説『エール』のヒロイン役に、女優の二階堂ふみが起用されることが明らかになった。6月3日、東京・渋谷のNHK放送センターで、主役を務める窪田正孝とともに記者会見が開かれたのだが、この模様を見たファンからは、窪田の〝激ヤセ〟っぷりに衝撃と心配の声が相次いでいる。

同作は、全国高等学校野球大会の歌『栄冠は君に輝く』をはじめ、『六甲おろし』(阪神タイガースの歌)など、数々の応援歌を作曲した福島県出身の作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽に生きた夫婦を描く。

応募総数2802人の中から、オーディションで見事ヒロイン役を勝ち取ったという二階堂。制作側は二階堂の演技について《二階堂さんの真に迫る演技に鳥肌がたち、震えるほどの感動を覚えました。自分の意志を持って力強く生きたヒロイン・音がそこにいるような感覚が、スタッフの中に広がりました》と大絶賛。主演の窪田も二階堂について、《彼女の描く芝居の繊細さ、キャラクターの入り方が魅力的。1年間できることが幸せ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.