くらし情報『『地球にいる宇宙人の存在』を真面目に語るオックスフォード大の学者』

2019年6月9日 11:01

『地球にいる宇宙人の存在』を真面目に語るオックスフォード大の学者

『地球にいる宇宙人の存在』を真面目に語るオックスフォード大の学者

(C)Lena_graphics / Shutterstock

今上天皇、皇后雅子さまの留学先としても知られるイギリスのオックスフォード大学の学者が、「宇宙から来たエイリアンは地球に住み着いており、優れたハイブリッド種を生み出すために人間と繁殖している」などと主張している。奇妙な話だが、世界トップクラスの名門大学、オックスフォード大学の博士が言っているのだから、無視はできないだろう。

チ・ヤンハイ博士は、オックスフォード大東洋学院の講師。著書『エイリアン・ビジテーションズ・アンド・エンド・オブ・ヒューマニティー(エイリアンの訪問と人類の終末)』で、その主張を展開している。

チ博士は、エイリアンのアブダクション(拉致)の数と気候変動との関連性を研究している。地球温暖化、火山の噴火、ハリケーンの異常な増加、地震、津波……地球の気候がおかしくなるほどに、エイリアンの来訪が増えているのだという。

「エイリアンがやって来て地球に住んでいる目的は、人類のDNAが地球で暮らす上で役立つから、そして、将来の気候条件でも生き残ることができる種を作り出すことです。さらに一部のアブダクション被害者によると、エイリアンと人類のハイブリッドは極めて知性が高い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.