くらし情報『『嵐』大野智デザイン“チャリTシャツ”に「病んでる」「気持ち悪い」の声』

2019年6月12日 10:32

『嵐』大野智デザイン“チャリTシャツ”に「病んでる」「気持ち悪い」の声

大野智

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『嵐』大野智が、毎年恒例の大型特番『24時間テレビ』(日本テレビ系)の〝今年のチャリTシャツ〟のデザインを手掛けた。6月8日に放送されたバラエティー番組『嵐にしやがれ』(同系)で、そのデザインが公開されたのだが、視聴者からは「うまいけど怖い」「病んでる人がイメージしたって感じ」などと、心配の声が続出している。

今年3月、史上最多となる5回目の「24時間テレビ」メインパーソナリティーを務めることが発表された「嵐」。売り上げ金がそのまま寄付金になる「チャリTシャツ」のデザインを、2004年以来15年ぶりに大野単独でデザインすることになり、大野は番組のテーマ『人と人~ともに新たな時代へ~』から着想を得てデザインを決めていったようだ。

デザインに込めた思いを聞かれた大野は、《手と手を握り合って次の新たな時代につながっていく、というイメージ》と説明。喜怒哀楽さまざまな表情を浮かべる人の絵については、《ハッピーなことばかりじゃなくて、悲しい顔だったり泣いたり叫んだり、いろいろな感情がある。そんな中でも、みんなで助け合っていこうという思いを込めた》とした。さらに、握り合った手の上に満開の〝蓮の花〟を描いたことについて、《蓮って泥の中から一本生えていく、それがめちゃくちゃきれい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.